browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

つわりに効果あり!アロマテラピー療法

妊婦さんでアロマテラピーに興味がある方はいらっしゃいますか。

アロマテラピーは妊婦さんだけでなく、女性なら一度は使用したことがある方がほとんどではないでしょうか。

妊婦さんがアロマテラピーを使用する時はオイルを使ったマッサージケアは行わずに芳香浴をするのが主流のようです。

では「つわり」

を軽減してくれるアロマオイルにはどのようなものがあるのでしょうか。

何十種類とあるアロマオイルですが、妊婦さんが「つわり」

で気分が悪い時には「グレープフルーツ」

の香りが効果的なようです。

グレープフルーツは食べると良いとも言われているので納得です。

吐き気に対しては「ペパーミント」

が効果を示すそうです。

ペパーミントはメンソールを含んでいるのですがすがしい気分になり、吐き気を軽減してくれるのではないでしょうか。

気分が沈んでイライラした場合には「ベルガモット」

の香りがいいそうです。

手軽に出来る「つわり」

軽減対策としてのアロマテラピーですが、やりすぎては軽減どころか、さらにひどくなってしまう場合もありますので、最初はティッシュに含んだりしてほのかな香りを楽しむようにしましょう。

最近、アロマテラピーがかなり普及しており、妊娠をきっかけに興味が出たりする人も増えてきているのではないでしょうか。

アロマテラピーは精油やハーブを使って人間の自然治癒力を高める方法です。

しかし、使い方やアロマオイルの選び方を間違えてしまうと逆に症状を強めたり、悪影響を及ぼしたりすることもありますので、細心の注意や知識が必要です。

特に「つわり」

のある時期に使える種類は限られていますので、専門の方に相談した方がいいでしょう。

例えば、レモンは「つわり」

を軽減させてくれますが「レモングラス」

は高い収れん効果があるので、陣痛を促進してしまうため妊娠初期には向きません。

また、安いアロマオイルは不純物が含まれていることがあり、効果が出ないだけでなく、症状が強くなることもあるので注意が必要です。

アロマテラピーに興味のある方はインターネットでもいろいろ調べることができます。

自分で気楽に行うことが出来る分、知識が必要になるアロマテラピーですが、「自分の気分がいいな。」

と思えるオイルが症状を軽減するには一番良いですので、お店に出向いて自分に合ったオイルを選んでみましょう。


© 2016 軽減したいツライつわり